Bonefish Terrorist

さあさあ、やってきました秋のO’afu。Nervouswaterのガイドはkevinが本土へ帰ってしまったためLarsのみ。Larsは今まで使っていたものより一回り大きなカヤックを手に入れ彼の車はDouble Deckerになった。

Resize0044

今回の相棒はシノラー。小さなカヤックに彼、大きなカヤックにLarsと私で出港。

思い込んだら一直進、頭の悪いhamaはこれで去年の10月から4回目。回数だけは「先輩」なので当然初挑戦のシノに先にガイドしてもらう。干潮は午前九時半。start fishingは7時前後か。一番多く来たことのある場所だが、最近は調子いいと聞いている。今日は大潮の潮周り、でいまは干潮前の引潮。ど干潮まえにこのフラットを魚は出て行くはずだそうな。

Resize0045_1

おっと、ここでも大海原とフライロッドがはやっている!ハワイでも宣伝しておきました。

Resize0053

ボーンも朝マヅメなのか、ぽつぽつとテーリングが見える。ただ少し神経質なのか近づかせてもらえないのと、キャスティングで届く距離でないのでほとんど見ているだけであった、、、

と思っていると、相棒の竿が曲がっているではないか。急いでジャブジャブ近づく、、、ととれたのはかわいいパピヨちゃん(メッキ、ガーラ、10lb以下のulua)。曰くボーンに向かってキャストしたらこいつが横から飛び出してきてフライをひったくっていったそうな。これでボウズいちぬけ。

Resize0046_1

午前中僕はというと9時半をはさむ時間は浅すぎてシャローにボーンはいないのだが、歩き回っているとホウボウのような魚発見。トビウオくらいの羽を持ってノソノソ泳いでいる。2,3投すれども見向きもしない。そして次に口の前を通してやってやっと「パクッ」。乗った!この魚生まれて初めてパニック起こしたような暴れ方だった。

そうこうしているうちにLunch Break。新しいテロリスト出現、でもボーンフィッシュの天敵。ボーンフィッシュテロリスト。燃料補給中である。

Resize0051

午後は最初Larsについてもらう。これでこの一年で4回目、都合8日目になるが天候の条件は今日が今までで一番。強い貿易風が吹いていないのと。雲が少ないのでサイトフィッシングにはうってつけである。

Resize0047_1

しかしだ、、、魚が見つからないので一旦深みの、ボーンの通り道を攻める。フラットの潮が浅すぎる間深みに落ちているところで待機して上に上がってくるようである。以前掛けたが、根に回られてだめだった場所である。ほんの数投で、、、

「ゴツン!」、、「ギュイーーーーーーーーーン!」

今回はドラグきつめで対応。いまいちファイトに力がなくすぐに寄せてくるも、人を見て初めて「ギュイン、ギュイン、ギュイーーーーーーン!!!」

お、、これですこのサウンド待ってました。あがったのは、5,6ポンドのもの。よっしゃ!

Resize0048

先につってしまったので相棒にガイドについてもらう。

やはりサイトではガイドとは何倍も魚の見え方がちがう。こちらがひとつ見つけるうちに2倍も3倍も見つけてくれる。もし仮に見えなくても12時の方向に15m、こっちにゆっくり向かってくる、投げろ!とその通りにできれば結果がついてくることが多い。

とか何とか考えていると、相棒のロッドが遠くで曲がっているではないか。これは「ヤツ」だ!

Resize0049_1

結構巻き取るのに時間がかかっている。あがったのが僕がさっきあげたものと同じくらいのサイズ。やったぜシノ!Bonefishお初です。「腕がプルプルするくらい巻いたよ。」とのたまう。

Resize0050_2

ボーンの持ち方も人とは一味違うシノラー持ち。彼のスタイルがある。

しばらくしてガイドしてもらえる番が来た。早速見つけてもらったものにキャスト、、、曇っていてよく見えないが正しいところにフライが落とせたよう。指示に従いゆっくりリトリーブすると。みえた!フライを見ているぞ!、、、、

ゴ、ゴ、ゴ、ゴン、、、あせらずにゆっくりリトリーブ続けると、、、、ゴボッツ。ひと気に気づきspookeしてしまった。でも前回はあせって大合わせ(大きなリトリーブ)して失敗したのでこれでいいのだ。余裕が出てきたのでよしとする。

次はマングローブ林を攻める。ここは今まで一番の大物8LB級を釣った場所。見つけたボーンがこちらに寄ってくるので静かに頭の上をたたかないようにふわっと落とし、リトリーブで気付かせてフライを追わせる、、、?

ん??余裕の思考回路???

ゴンゴンゴン!!! ギュイーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!

大きい。いつものギュインギュインギィーーーンでない。一気にラインが出て行きバッキングがとまらない。マングローブに向かってまっしぐら。でもとまらない。ドラグは弱くはないはずなのだが2度ほど締めなおすも、マングローブ回られた!!!こちらに向かって数メートル向かってきて、バシャッ、バッシャッ!ブチッ!

ラインブレイク、、、

Larsと顔を見合わせると、「ヤツ知っててマングローブ一直線だったよ。敵もなかなかやるなぁ。」と。

内容的に満足のいくものだったので残りは相棒にガイドしてもらう。潮が高いので見えないから、しばし360度ブラインド攻撃するもキャスティング続けて疲れてしまった。

相棒はというと見えないうちにもう一匹トロフィーを得たらしい。でも狙った魚ではなくあさっての方向からやってきた魚に食いつかれほんの少し不満そう。しかし何はともあれ、トロフィー二つは立派である。さすがである。

今日は二人とも満足してstop fishing。きっと今夜はビールがうまいぞ!

Resize0052

おしまい。

広告

Bonefish Terrorist」への3件のフィードバック

  1. おかえりなさい
    SALTSIZEです。
    ピーコックもシバいたそうで、羨ましいです。
    あ、ジビありがとうございましたと、お伝え下さい(笑

  2. お疲れ様でした!
    ラーズさんにはいっぱい魚を見つけてもらったんですが腕が、英語が、魚が見えんで
    どうにもこうにも上手くいかないのですよ。
    しかしシノラーは恥ずかしいのでせめてシノにしてください。レッドブルも体弱そうだしね。

  3. saltsizeさん>どうもです。シバキましたピーコックも。楽しかったです今回は。
    shino>本人が納得するあだ名ないのかしらねぇ。お疲れ様でした。頭の中はpapioシバキin Tokyo Bayですぅー。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中