お目が高い愉快なaussie達

日本で1年ちょっと働き本国に帰る前の最後の週を迎えたpaulと、観光にやってきたmikeの今週の過ごし方はとてもお目が高いものでした。paulに誘われて、というか、欠員が出たため、助っ人で参加した昼食は、「すきやばし次郎」!!!きゃー!値段を聞くと卒倒します。ハッキリ言って普段の10倍払いました、カジュアルなところは数千円で済みますよね。

感想は、「究極の形というのはこんなものなのか」、、、という曖昧なものでした。あれは、、、芸術の域に行っていると思いました。たとえば、久兵衛。それなりのお値段がするしおししい、でビジネスで来る人が多いためentertainmentの要素が高く、板さんのコミュニケーション、接客性は高い。それにおいしい。外人が来ることを想定しているのか、脂分が多いものが多い気がしますが、ここはそんなの関係なく、「すし」としての純粋な道を求めている感じがします。。

で、このすきやばし次郎ですが、おいしかったけど。頭で考えないと、、、いろいろ補わないと、、、わからない、見えない部分が多くあるのだろうというのが素直な感想です。もちろんおいしいし、こんな「しごとのしかた」があるのかという握りもいくつもありました。でも、ぼくが解りえない部分のほうが大きいこと察するところでした。

おそらく、一つの道を極めた人が口にすると、そこから広がるイメージや、メッセージは多いのでしょう。でも、それはけっしてうるさいものではなく、武道を極めた人にしかわからないようなコミュニケーションの一種のようなものじゃないかなと想像するところでした。

で、僕に通じたのはその何分の一しかないのでしょうね。例えると素人が剣道の一本を見た時に感じるような感覚です、「へ?すごいけど、何で一本???」もっと表現力にたけていたらもっと表現できるのでしょうが、、、ほんまスマン(笑)。

paulいわく、「寿司道追及主義(彼はsushi puristといっていた)人にはいいかもね」と。いやはや、こいつ、結構ボーっとした目をしている割には鋭い。確かに、板さんたちは、仕事人、勝負人といった感じで、決して愛想は良くはありません。居心地が悪いということではありませんが。

というわけで、普段は単価でいうと、ここの握り2つ分で満腹になり、済ませてしまっているのではありますが、こんな世界を垣間見ることができたのは良かったです。失業者にはきっつい出費ではありましたが勉強になりました。

で、前振りが長かったのですが、お目が高いといった理由はすしではありません。すしを食べているときにとなりにすわったmikeが「魚のこと詳しいみたいだけど、僕は釣り師なんだ」と、「サーフでの釣りをもっぱらやっている」とのこと。

で、はま、 「いつ帰るの?」

mike 「あさって」

はま 「あしたはなにしてるの?」

mike 「いまかんがえているところ」

はま 「へ?あいているのだったら、釣り行く?」

mike 顔色をかえて 「!!!!いくいく!!!」

で、すしやを出た足でビッグワン(堀江キャプテン)の予約を取り、そのまま釣り具屋に行き準備と相成ったのです。最後の一日を釣りに費やしたこの二人の感性は「おめが高い!!」というわけです。

私は、赤潮や、メバル不漁になやみ、ちょっとシバスに癒されたけど、ちょっとスローだったのでちょうど良かった。魚が浮いていたらフライのネタになるしね、、、

って、東京湾口まで行ってみましたが、沈みまくっていました。

というわけで、ジグりの番外編です。

IMG_1286_R

釣れてよかった、、、、

IMG_1287_R

これで、明日帰れるってわけねぇ~。

フライではこれにはお目にかかれません。

IMG_1297_R

で僕は、、、40cmのアジがかかりました。キャプテンいわく、今年最大だそうです。

ふー、何とかまとめにはなりました。

IMG_1290_R

次回は、どこで再会したとしても、釣りで再会だねと固い握手をしてお別れ。お目が高い愉快なAussieたちでした。釣り人魂は所変わっても普遍ですね。

おしまい。

広告

お目が高い愉快なaussie達」への3件のフィードバック

  1. ★鳥肌が立つほど  イイ思い出になったね~
    paulさん mikeさん も喜んだでしょう!!
    日本の 【 オッペタンコ 】忘れられないでしょうね
    でも鯖画像よりオッペタンコ画像は笑顔じゃないのは
    アチラノ方もこの魚解るからなのかな~~~?

  2. OZ達ですか~、懐かしいですね!
    20年程前ですが、一年半程住んでました。
    最近寿司フェッチの外人さん多いっす。
    まあ最近おかげで私の商売も成り立ってます(笑)。

  3. >鉢巻親爺さん
    笑顔でないのは、100m以上もリール巻き上げてへとへとになっていたのです。釣り上げたこと自体はとても喜んでいました。
    >魚屋さん
    意外や意外、彼らは魚結構好きみたいでした。まあ、釣り師であるからでもあるのでしょうけれど。寿司の味もよくわかっていたのはおどろきました。何より、彼ら3人ですし屋に来たのですが、皆背広。僕はスマートカジュアルだったのですが、、、外人のほうがきちんとしていました(笑)。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中