すばの細道 油渣麺 英記

英記

すばの細道 香港 油渣麺(ヤオチャーミン)シリーズ、第二弾

英記_R

すばの細道、二軒目のこの店で油渣麺(ヤオチャーミン)は、うちなーすばとつながっていることを確信。沖縄のはだしがもっと効いていて洗練されている。こっちのは原始的というか素朴。

鶏と鰹だし(をもっと?)たして、麺をぼそぼそにしたら立派なうちなーすば。とはいってみたけど、道のりは遠いか、、、

店内は清潔で綺麗。日本人がふらっとはいっても違和感ない清潔感がある。特別ラー油38ドル。お土産にいいと思う。

麺はやや平たくフワフワとまでは言わないがコシ弱め。ネギとニンニクは先付で。ラー油はテーブルにある。

これぐーすと全く同じノリである。入れすぎに注意。ほんのちょっとで効くから。

私にとっては、異国で郷土料理に遭遇したくらいのインパクト。周記の麺のほうが芯が残っていて好み。

英記はシイタケの存在感が際立つ。盛り方も、丁寧なイメージ。店のつくりと盛り付けの統一感が良い。

25ドル。小椀。午後7時からの営業ってのが渋い。

おしまい。

E-P1 MZD 17MM F2.8 AE BKT HDRI

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中