カワイワシ爆釣

この夏につながったsteelieさんから、頂いた「モー浜」というフライが新しい扉を開けてくれた。

今回ターポン、数は沢山いるのに食い気が低くて難儀した。つれないことはなかったけど、こんなにいるのに反応してくれないなんて、、、というただでさえ暑いのに頭から湯気が出るような状態。

この間、steelieさんがいともたやすくカワイワシを複数釣っていらっしゃって、頼んでフライを分けてもらった。イメージ、エルクヘアーで作った中空浮力のしっぽ付フライ。

カワイワシ、ターポン用のCrazy Charlieにはめったにとれない。20cm以上の大きめのカワイワシで、かつやる気があるとか、二枚潮になっているときにたまに釣れる。

しかし、このフライ、この地味なカワイワシにスイッチを入れる力があり、追い食いしてくる。

mohama_R

ターポンと比べてしまうと美しさ、アタリのインパクト、ファイトの楽しさ、すべてにおいて見劣りしてしまうこの地味子ちゃんだけど、サイトで狙い撃ちすると、楽しめた。

ターポンは沈んでいるので、テイリングや、ライズは打つけれど、サイトではない。カワイワシは常に表層なので完全にサイトのゲームが成り立つ。

スプークしないようにフライを落として、見せて、おい食いさせたところを合わせる!

狙ったら10匹釣れた。つ抜けしたので満足して試合終了。

え?ターポンはどないやったんって?

うーん、片手に収まる数は何とか釣れたけど、数がいるのに食い気が本当になくってつらい釣りでした。

なのでカワイワシに感謝。

おしまい。

E-P1 MZD 17MM F2.8 AE BKT HDRI

広告

カワイワシ爆釣」への2件のフィードバック

  1. え、10匹?さらっと書かれてますがこれかなり難しいのではないですか?見ながら釣るのは興奮しますし燃えますね、一度やってみたいものです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中